ホーネットを売却することにしたので魅力を伝える【HORNET250】

スポンサーリンク

どうも、バイク大好き最強ゆーとです。

この度、私の愛車「HONDA – ホーネット250」を売ることにしました。

せっかくなので、売る前にホーネットの魅力を悪い部分を含めて、記事に残したいなと思い書くことにしました。

 

なぜホーネットを売ることにしたのかは別の記事で書くとして、今回はホーネット250の魅力だけをお伝えします!

 

誰もが惚れる美しいボディ

なんといってもタンクのデザインが最強です。

バイクを倒したら、まず傷つくのはタンクといっても過言ではないぐらい突き出ています。

 

 

燃料タンクから流れる筋肉質な見た目は誰もが惹かれるポイントの一つです。

私はこの色に惹かれたというのもありますが、デザインに一目惚れでした。

 

これで2003年に出たバイクなんだぜ??カッコよすぎ。

 

唯一無二のエンジンサウンド

エンジンの動力をホンダならではのカムギアトレーンという技術を用いているため、他のバイクにはないサウンドを体感することができます。

カムギアトレーンとは、4ストロークエンジンにおいて燃焼室の吸気・排気弁の動きを司るカムを回転させる動力の伝達に、通常のチェーン(カムチェーン)やベルト(タイミングベルト)ではなく、ギアを利用する方式のことである。

カムギアトレーン – Wikipedia

独特なサウンドとは、バイクらしい低音が響くような音ではなく、機械や電動モーターのような音が響きわたります。

純正のマフラーだとエンジンの音が勝るぐらい暴れてくれます。

その程よいマフラーの音と爆音のエンジンが混ざり合って独特なサウンドとなります。

 

私も最初は「え、これがバイクの音か~」ってなりましたけど、何度も聞くうちにクセになりました。

 

250ccとは思えない馬力

※私の投稿した動画です。(笑)

四気筒なので加速はいまいちですが、乗り手次第でどうにでもなります。

 

動画ではわかりにくいですが、250ccのくせしてメーターはMAX180kmまでありますwww

そして、驚異のMAX18000回転!!!

とんでもないバイクです。250ccですよ?!?!

 

まじで乗ってて楽しい。下手に400cc乗るよりもマシかもしれませんね。

 

安定した乗りやすさ

 

これまでの説明で、なかなか楽しそうなバイクということが伝わったかと思います。

ですが、これ初めてバイクを買う方や初心者にはうってつけのバイクなんですよ。

確かにスピードは出やすく、時に危険なバイクと変化しますが、普通に乗ればかなり初心者向きです。

 

理由①:タイヤが太い

リアタイヤが180mmとかなり太め。

 

180mmと聞いてピンと来ない方もいると思うので一応比較。

・Ninja250(Kawasaki)太さ150mm

・MT-09(ヤマハ)太さ180mm(約900cc大型車です)

同じ250ccのニンジャは30mmも細く、大型のMT-09とタイヤの太さが同じという・・・。

ホーネット恐るべし!!!

状態を軽く倒したくらいじゃ転びません。とても安定しています。

 

理由②:教習車の感覚に近い

教習車は大体《HONDA – CB400》が使われると思うのですが、その感覚に近いんです!

出過ぎたタンクにニーグリップがしやすく、ハンドル周りの操作性もCB400に割と近いです。

重さや大きさといったところも、そこまで差は無いので乗りやすいのかなと思います。

 

ただ、積んでいるエンジンが教習車は400ccでホーネットは250ccなので、低速ギア付近でエンストがしやすいかもしれません。

そこは慣れです!!

 

欠点もいくつかあります

こうみると、完璧で最強なバイクにも見えますが、欠点もたくさんありました。

でも、完璧ではないバイクだからこそ魅力を感じていました。

転んだら致命傷

先ほど説明した通り、ホーネットには美しいタンクが装備されていますが、倒れてしまうと真っ先にタンクがつぶれてしまいます。

タンクがつぶれることによって、ホーネットの見た目はタンクとともに大ダメージを受けることになります。

 

ま、私みたいに転ばなきゃ何もないんですけどね(2年間無事故・無立ちゴケ)

燃費が悪い

250ccバイクにしては燃費が悪く、1リッター20km走るかどうかといったところ、、

でも、4気筒だからしょうがないです。

下手したら、最近の車より燃費が悪いかもしれない・・・。

 

タイヤが高い

250ccの中でもずば抜けた太さのタイヤを装着しているホーネット。

タイヤ代がハンパじゃないです。

たぶんリアタイヤだけで3万は超えてくる・・・。

私はギリギリ交換せずに売却することになったのでセーフ。

 

シートが固い

乗り始めたころは、お尻の痛さに悩んでいました。

長距離となると麻痺してきますね(笑)

4気筒なので振動が少なく腕は疲れないのですが、お尻がね( ^ω^)・・・

どのバイクでもそうなのでしょうか??

 

まとめ:最高のバイクでした!

見た目も最高、スペックも最高、運転のしやすさも抜群。

欠点も多少ありましたが、日本で生産された250ccで最後の4気筒バイクで希少価値があるバイク。

4気筒なので振動が少なく、長距離もへっちゃらでした。

最初のバイクがホーネットで本当によかったです。

 

また、いつかホーネットに乗れたらなと心の底から思ってます。

 

どのバイクに乗るか迷っている方、ぜひホーネットに乗りましょう!!!

コメントを残す