エレファントカシマシが男らしくてカッコいい

スポンサーリンク

最近、エレファントカシマシが個人的にキテます。

あの、男らしくて魂のこもった歌い方が脳に刺さりました。

 

きっかけはLittle Glee Monsterという女の子5人のグループの一人、manakaちゃんがカバーしていた動画を見たことですね。

もともとリトグリにハマっていた私ですが、これを見たときにすごく感動をしたのを覚えています。

この曲のすべてが自分の心に突き刺さり、原曲を聞きたくなってエレファントカシマシを知ったわけです。

とにかく歌詞がいい

魂で叫ぶ歌声ももちろん大前提の話ですが、とにかく歌詞がいい!

涙のあとには
笑いがあるはずさ
誰かが言ってた
本当なんだろう
いつもの俺を
笑っちまうんだろう

引用:エレファントカシマシ – 悲しみの果て

まだ有名な曲しか詳しく知りませんが、この歌詞に惚れてしまいました。

「悲しみの果て」はたった2分30秒ぐらいしかない短い曲なのですが、たった2分30秒で心を掴まれてしまいます。

調べるとメジャーレーベルとの契約が切られた後にできた曲だとか。(違ったらすみませんw)

追い込まれた状況の中で作った曲なのかなって勝手に思っています。

そのぐらい魂が込められた最強の曲。

2017紅白歌合戦

「悲しみの果て」しか知らないまま何年もが過ぎ、紅白で安室ちゃんを見ようと待っていた時、偶然にもエレファントカシマシが登場。

魂で歌う、「今宵の月のように」に見事心をうたれてしまいました。

そこから毎日聞いています(笑)

生放送だからより一層感動してしまいました。

とにかく魂をぶつけるアーティストが好き

デスボイスなどを使った叫ぶアーティストが好きというわけではなく、歌詞や音はとても繊細なのに魂がこもっているアーティストが大好きです。

例をあげると、

・エレファントカシマシ

・UVERworld

・中島卓偉

とかです。

上記のアーティストは男が男に惚れる、超かっこいい人たちだと思っています。

 

もし私と気が合いそうな方はオススメのアーティストなど教えてくれると嬉しいです(笑)

 

今日もエレカシ聞いて頑張るぞー!!!

コメントを残す