なぜ自分は起業したいのか本気で考えてみた

スポンサーリンク

どうも、起業がしたい最強ゆーと(@yuto_monday)デス!!!

みなさんは成し遂げたい夢や目標などはありますでしょうか。

私は本気で「これを成し遂げたい!!」というのがありません。

いつかはお金を稼いで大きい家を建てたいなー。という感じですね。

 

でも、漠然としたやりたいことがあります。

 

それが「起業すること」です。

 

しかし、どんな事業で起業するのか、なぜ起業したいのか、さっぱりわかりません。

これを見ている皆さんのほうがわからないと思いますが(笑)

 

そこで、自分がなぜ起業したいのかを本気で考えてみました。

将来の夢履歴

さらに、きっかけを探るべく、いままでに掲げてきた将来の夢を紹介したいと思います。

 

  • 幼少期..消防士
  • 小学生..プロ野球選手(キャッチャーで盗塁を200回阻止すること)
  • 中学1年生..プロ野球選手
  • 中学2.3年生..経営者になること(起業)
  • 高校生..バンドで売れること
  • 社会人1年目..作曲家(バンドが解散した為)
  • 社会人2年目..作曲家諦め状態
  • 社会人3年目..独立(フリーランス?)
  • 社会人4年目..経営者になること(起業)←イマココ(2017.10.20)

 

中学生ぐらいから社長になりたいと夢見てましたが、高校生でバンドに目覚めて音楽に没頭していました。

バンド活動中も売れたらレコード会社を立ち上げたいなとか考えたりもしていましたが。

 

結局バンドは解散してしまい、そこから明確な目標がないまま今に至ります。

一度はフリーランスやノマドワーカー的なのに憧れて、勢いでこのブログを立ち上げましたがやっぱり違う。。

※ブログが生涯やっていきたいことではなかっただけで、発信力が培われて自分の財産にもなるのでこれからも続けたいなと思っています!

 

自分は会社を経営したいんだなと改めて思いました。

 

父親の影響

私が小さい時から父親は会社を経営していました。

リフォーム会社やウェブ屋、飲食店のデザイン・設計など色々経営していたかと思います。

成功している姿も見ましたし、それ以上に失敗している姿もたくさん見てきました。

・お金持ちになれる

・自由に遊んで仕事ができる

・嫌いな人と仕事をしなくて済む

というイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、そんな甘い世界ではないことも、父親を見ていればわかりました。

ですが、それでも一度も就職せずに失敗を繰り返し、何度も起業する姿をみて育ってきた私は憧れでもありました。

全ては行動するしかない

本気の本気で考えてみましたが、自分が起業したい理由はわかりませんでした。

心当たりがあるのはこれぐらいです。

 

正直、起業するのに理由など必要ないのです。

 

自分が起業したいならすればいい。

それが今一番やりたいことってわかっているならすればいいんですよね。

 

行動に移してから理由がみつかる場合だってあるかと思います。

まずは行動に移すのみです。

 

私と同じように、夢があるけど行動に移せない、理由が見つからないから始めた後に後悔しそう..という方もいるかと思います。

ともに頑張って行動してみましょう!きっと未来は変わるはずです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す